ハーブティー

フレッシュハーブティーの美味しい淹れ方

フレッシュハーブは、その名の通り新鮮な生きたハーブのことです。庭やプランターなどで手軽に作れて、美味しいハーブティーになるハーブにスイートバジルやミント、レモンバームなどがあります。フレッシュハーブティーは、生きたままのハーブを使うちょっと贅沢な楽しみ方です。薬効の面からはドライハーブの方が効果があるとされていますが、新鮮な香りやキレイな色を楽しむならフレッシュハーブがおすすめです。 ハーブを摘んで良く水洗いします。固い茎のものは葉だけ、柔らかい茎のものは茎ごと使います。適当な大きさに切って、ティーポットに入れます。フレッシュハーブの場合は、ドライハーブの3倍の量が必要だといわれます(ドライハーブはティースプーン人数分+1杯)。沸騰したてのお湯を注ぎ、蓋をします。3〜5分ほど蒸らして出来上がりです。フレッシュハーブティーは、生の葉を使うため青臭さが出ることもありますが、何種類かの葉をブレンドすることで美味しく飲むことができます。おすすめは、ミントやレモンの香りのハーブ。爽やかな香りで、すっきり飲みやすくなります。それでも気になるようなら、蒸らす時間を少なめにする、ハチミツなどを加える、ジュースなどで割ってみるなどの方法もあります。