ハーブティー

目的に合わせた選び方

ハーブティーには2つの選び方があります。1つは味や香りで選ぶ方法。人によって好みの味や香りは異なります。味は甘味料などで変化が付けられますが、香りに関しては独特なものが多いため好みが分かれることもあります。自分の好きな香りを選ぶようにしてください。好きな味、香りを飲めばストレス解消にもなりますし、ハーブの効能によって健康にもなれるため一石二鳥の楽しみ方といえます。 もう1つの選び方は、ハーブの薬効で選ぶ方法です。中世ヨーロッパでは、ハーブの薬効によってさまざまな問題を解決していました。症状に合わせたハーブを調合して改善するため、その方法を知る人が魔女とよばれ弾圧されてしまったこともあります。ハーブはそれほど効果的に症状を緩和することがあるのです。 改善したい症状がある時は、それに適したハーブをチョイスしてください。そのハーブがもし好みの味や香りではなかった時は、似た効果を持つ別なハーブで代用するか、他のハーブとブレンドしてみるという方法もあります。ただし、ハーブの持つ薬効によっては相殺しあう組み合わせもありますので、ブレンドするハーブは良く考えて選んでください。また、ハーブの薬効で選ぶ時は必ず副作用なども確認してください。特に妊娠中の方や授乳中、持病のある方、常用薬を服用している方は注意が必要です。