ハーブティー

フェンネル

フェンネルは地中海原産の多年草で、古くから栽培されてきた長い歴史を持つハーブです。和名をウイキョウといい、日本でも漢方としてお馴染みです。世界中で薬効があることが知られていたハーブなのです。飽食・美食が盛んだった古代ギリシアやローマでは、ダイエットの薬として使われていたそうです。ギリシア語でフェンネルをマラスロンといいますが、この言葉には「痩せる」という意味もあるそうです。今でも北欧ではダイエットティーとしてフェンネルのハーブティーが愛飲されています。フェンネルは、魚料理のスパイスとして使われることが多く「魚のハーブ」ともよばれています。甘い風味が、魚の生臭さや脂っぽさを緩和して旨みを引き立てる役目を果たします。 効能として胃液の分泌をうながし消化を促進させるといわれています。また、腸内でガスの発生を抑制する働きもあるようです。消化器系の臓器に効果があるとみられます。また、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活発にする成分もあり、月経不順や更年期障害などに効果があるようです。 ハーブティーとしては、スパイシーでクセのある香りと甘みのある味です。香りが気になるようなら、ラズベリーリーフなどとブレンドしても美味しく飲めます。