ハーブティー

ハーブティーの効果

ハーブティーは、元となるハーブの種類によってさまざまな効果が得られると考えられます。ハーブを1種類だけ使った際には、そのハーブの持つ効能がそのままハーブティーの効能としても考えられます。数種類のハーブをブレンドした場合には、それぞれのハーブの持つ効能に加え、相互作用によってさらに体に良い働きをしてくれる場合があります。また、味を調えるためにブレンドして飲むことがあります。 ハーブティーの代表的な効能としては、直接体に効能をもたらして健康に導くようなものから、精神的な効果までさまざまです。たとえば疲労回復をうながす、消化吸収を助ける、便秘解消に役立つなどは、体への効果で健康をサポートするもの。また精神的な効果を発揮するハーブティーでは集中力を高める、リラックス効果をもたらす、眠りを誘うなどの効果があると考えられています。 ハーブティーを飲み続けることで、体質が改善されることもあります。特に花粉症や冷え性などは、即効性のある治療法は存在しません。毎日少しずつ体の中から健康に向かっていくしかないのです。漢方なども効果があると思われますが、漢方薬と違いハーブティーはお茶としても楽しめるため、無理なく毎日続けられると思われます。