ハーブティー

エキナセア

エキナセアは、アメリカ先住民につたわるハーブで、インディアン・ハーブとよばれるものの一種です。ネイティブ・アメリカン達は、エキナセアを万能薬として使い重用していました。北アメリカ原産の多年草で、別名をパープルコーンフラワー、和名をムラサキバレンギクといいます。夏には薄紫の可愛らしい花をつけます。近年、エキナセアのもつさまざまな効能が発見され、ハーブとしてもハーブティーとしても高い注目を集めています。 特にアメリカやドイツの学会で高く評価され、研究が進められています。多くのポリフェノールを含むことが判明し、体の老化をふせぐ抗酸化作用があることも分かってきました。また、エキナセアには抗ウイルス作用、抗菌作用、免疫力の強化などをうながす成分が含まれています。風邪やインフルエンザウイルスに対し、強い抵抗力を示します。同時に、免疫力を強化してくれるので、自然治癒能力を高めてくれるのです。免疫力を高めるため、アレルギー症状や花粉症などにも効果が期待できます。傷口などに塗布すると化膿を防ぐともいわれています。ドイツでは、ハーブの研究が盛んに行われていてエキナセアは医薬品として認知されています。 ハーブティーとしては、ウッディな香りで味はやや苦みを感じますが自然なまろやかさがあるそうです。