ハーブティー

世界のハーブティー

ハーブの歴史は古く、紀元前3000年前の粘土板にハーブのことを書いたと思われる記述もあるそうです。植物を薬として利用するのは、世界中で行われていました。それを医学としてまとめられたものがインドではアーユルヴェーダ、日本では漢方、そしてヨーロッパではハーブとして伝わっています。 アーユルヴェーダは、5000年もの歴史をもつ伝統療法です。心、体、環境、行動も含めた全体としての調和が健康に導くという哲学です。ヨガや占星術、セラピーなどもアーユルヴェーダに含まれています。その中で、医学として役立っているのが、ハーブやスパイスによる食事療法です。インド料理の代表、カレーはスパイスを豊富に使ったハーブ料理ともいえるものです。 漢方も、薬用植物をつかった医学の一つです。漢方は、中国から伝えられ日本で独自に研究され体系化されました。ハーブと非常に良く似た使われ方をしています。症状に合わせて生薬を処方するのですが、生薬は植物だけとは限らない点がハーブとは異なっています。漢方の場合は、お茶として飲むより薬として服用されていましたが煎じて飲むこともあったようです。 また、アメリカの先住民にも薬草を飲む習慣があり、今ではインディアン・ハーブとして注目されています。