ハーブティー

ハーブティーの飲み方

ハーブティーは、一度に沢山の量を飲むより、何度かに分けて飲む方が効果的です。ハーブティの有効成分はさまざまな効果をもたらしますが、人体で必要な量は決まっています。必要以上の量を摂ると、そのまま吸収されずに出ていってしまったり、処理におわれて逆に内臓に負担をかけてしまうものなどもあります。そのため、一度に沢山の量を飲むのは、あまり効果的とはいえません。できれば飲んだ後、それが消化吸収された頃に次の一杯を飲むようにしてください。3食後など決まった時間に飲む習慣をつけるのもおすすめです。 時間を決めずに好きに飲むのも良いのですが、続けて飲まずに時間をあけるようにしてください。また、ハーブティーの効能によっては、精神を落ち着かせ眠りを誘うようなものや、逆に覚醒させるもの、腸を刺激して排泄をうながすようなものもあります。TPOを考えて飲むハーブティーの種類を選ぶようにしてください。小さなお子さんがハーブティーを飲む時には、薬効などに注意して大人が飲む量の1/4〜から飲み始めるようにしてください。 緑茶などは、同じ葉を使って何度か淹れることもありますが、ハーブティーの場合は1煎めで成分の80%が抽出されるといいます。2煎めは、味や香りは楽しめても効能はあまり期待できません。